2010年01月13日

小沢氏が名人と囲碁対局=成人の日イベント、引き分けに−民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は10日午後、都内の「日本棋院本院」で囲碁の井山裕太名人(20)と対局した。井山氏は昨年、史上最年少で名人位を獲得した新成人で、同党が「成人の日」のイベントとして企画。小沢氏が先にハンディとして三つの碁石を置く「置き碁」で対局し、結果は引き分けに終わった。
 この後、両氏は対談し、井山名人は「囲碁は年齢を問わず楽しめるゲーム。盤の前に座れば年齢は関係ない」と指摘。小沢氏は「勝負の世界は実力の世界だからうらやましい。僕もこの(政治の)世界に入ったときは若かったから、若さを克服するのに時間がかかった」と振り返った。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

My First JUGEM!
聖なる木
無料ホームページ
債務整理
携帯ホームページ
posted by アカギ コウイチ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。