2010年02月09日

大阪法務局職員が妻を絞殺 無理心中図り義母の首も絞める(産経新聞)

 9日午前8時50分ごろ、大阪府東大阪市中鴻池町のマンションから110番があり、河内署員が駆け付けたところ、住人の尾嶋英子さん(57)が1階自宅で首を絞められて死亡しているのを発見。夫の大阪法務局職員、尾嶋誠容疑者(57)が「妻の首を絞めた」と認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。

 河内署によると、同居している英子さんの実母(81)が8日深夜、寝ている際に首を絞められいったん意識を失った。9日朝に意識を取り戻し、自室を抜け出して1階の管理人室に助けを求めたという。

 尾嶋容疑者は睡眠薬を飲んでおり、「無理心中をしようとして妻の首を絞めた」と話しているという。河内署は殺害の経緯を詳しく調べている。

【関連記事】
1歳、4歳と無理心中? 母親、殺人未遂と自宅に放火容疑で逮捕
老老介護に疲れ…夫殺害80歳妻を逮捕 殺虫剤で無理心中図る
汚職の闇を告発した「YOUTUBE警官」
子に負担させぬ、無理心中…老老介護、核家族化の実態
2歳の長男を殺そうと自宅を燃やし無理心中はかる 放火と殺人未遂で母親を逮捕 宮城

トヨタは「顧客の視点欠如」=前原国交相(時事通信)
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 (産経新聞)
<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
核「密約」検証作業、米側に内容正式報告(読売新聞)
<飲酒運転>懲戒の警察職員が倍増20人(毎日新聞)
posted by アカギ コウイチ at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月3日の総会で、診療報酬明細書(レセプト)並みの明細書の発行義務化の拡大や、現在の電子化加算に代わる「明細書発行体制等加算」について議論したが、いずれも継続審議となった。

 現在、レセプト並みの明細書の発行は、レセプトを電子請求している病院に患者が希望した場合にだけ、原則義務付けられている。病院は発行に伴う実費を患者に請求できるが、厚生労働省は総会で、明細書発行機能がないレセプトコンピューターを使用しているなどの「正当な理由」がない限り、すべての患者に無料で明細書を発行することを義務付ける改定案を提示。また、診療所におけるIT化と明細書の発行を推進するため、▽レセプトオンライン請求を行っている▽明細書を無料発行している―などの要件を満たす診療所が算定する「明細書発行体制等加算」の新設も提案した。
 これに対し、支払側は「サービスをしたら、その内容を明示するのは当然」(白川修二・健康保険組合連合会常務理事)と強く主張した。一方、診療側は情報開示やIT化推進の必要性は認めながらも、「あえて病名を伝えない場合もあるのに、それでもすべての患者に明細書を発行するのか」(安達秀樹・京都府医師会副会長)などと反発。決着は5日の総会に持ち越された。


【関連記事】
日本中の患者を“中医協委員”に
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相
【中医協】診療報酬改定に国民の声を、中医協が地方公聴会
【中医協】来年度診療報酬改定で診療側・支払側が意見書
【中医協】患者への明細書発行めぐる議論開始

仮想空間での不動産勧誘、3社90億所得隠し(読売新聞)
雑記帳 モーグルコースをイメージしたカレーはいかが(毎日新聞)
【中医協】先発品より高い後発品は16品目―厚労省が公表(医療介護CBニュース)
<詳細領収書>全患者に発行を…薬害被害者ら厚労省に要望書(毎日新聞)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
posted by アカギ コウイチ at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。