2010年04月23日

架空保険商品で2.5億円詐取=損保ジャパンの元募集人(時事通信)

 損害保険ジャパンは22日、岐阜県にある損保代理店に所属していた同社の元保険募集人が架空の保険商品を販売、顧客31人から保険料計約2億5000万円をだまし取っていたと発表した。被害は愛知、岐阜両県に広がっているとみられ、損保ジャパンは愛知県警に届け出るとともに問い合わせ窓口を設置、被害状況を詳しく調べる。
 同社によると、この元募集人は58歳の男で「お礼として利息を支払う」などとうその説明をし、架空の積立保険商品を募集。今年3月、顧客から「お金を預けたが、領収書がない」と同社に問い合わせがあり、発覚した。男は2001年5月から保険募集をしていたが、今年3月に契約解除された。男は事実を認めているという。
 問い合わせ窓口はフリーダイヤル(0120)688018。 

【関連ニュース】
融資詐欺、元市議に無罪=「被害者証言あいまい」
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述
損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か

首相動静(4月18日)(時事通信)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<家畜>放牧が温室効果ガス抑制? 草原放出量…独研究(毎日新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
posted by アカギ コウイチ at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。